So-net無料ブログ作成
検索選択
ドラマ ブログトップ

「てっぱん」にハマる【その2】 [ドラマ]

「てっぱん」にハマる【その1】をUPしてから、仕事が急に忙しくなり、またしてもご無沙汰でした。
【その1】なんだから、【その2】をUPしないとね~。

NHKの朝の連ドラ「てっぱん」にハマっている一番の理由は、ドラマの中で出てくるお料理だ。
主人公「あかりちゃん」のおばあちゃん(富司純子さん)は、田中荘という下宿屋さんを営んでるのだが、家は古いし、お風呂もないし、部屋も狭いけど、住人がいっぱいなのは、おばあちゃんが作るお料理が美味しいから。
pic02.jpg
コロッケなんかサックサク!
和風のロールキャベツも美味しそうだった!



ドラマが始まったばかりのときに登場した「玉子丼」。
下宿人の男の子の誕生日に作ってくれた、あつあつの「グラタン」。
新潟出身の下宿人(ともさかりえ)の人生の決断を促した「のっぺ」。
お料理教室で1番出汁と2番出汁の良さを表現した「きつねうどん」。
h3_02.jpg
pic03.jpg

昼ごはんを食べながら観てるというのに、あんまり美味しそうで「食べた~い!」と思うくらい。



お料理についての反響が多いせいか、ちょくちょく「てっぱんお料理特番」なるものがオンエアされてるのだが、「てっぱん」のお料理は「OKAZ DESIGN」という会社が監修している。
実はわたしのお気に入りのブログに、「OKAZ DESIGN」の料理長と室長の吉岡ご夫妻が、ずっと前に登場したことがあって、(そのブロガーさんがご主人と営んでいるカフェに来店されたと言う記事だった)個性的な名前を覚えていたのだが、まさか「てっぱん」の監修をしているとは。
(NHKのオープニングには「OKAZ DESIGN」の名前が出てこないもので)
h2.jpg




もちろん、それとは別に、話の軸になっているお好み焼きも本当に美味しそうだ。
大阪のお好み焼きと、主人公の出身地である尾道のお好み焼きが出てくるが、
それぞれ違った魅力があるんだなあ。
あんまり美味しそうだから、何度も夕ご飯にお好み焼きを作ったのだが、
なかなか成功していないのが、本当に残念なんだよね。
まあ、作り方を全く研究せず、なんとなくドラマの見よう見まねで作っちゃうせいなんだけど。


それにしても「食育」ってよく言われてるけれど、確かに美味しい料理を食べていると
自然と笑顔になるもの。
家族そろって美味しい料理をきちんと食べていれば、多少の問題は解決できるんじゃないかな。

主人公のお母さん役の安田成美がお弁当を作るくだりがあって、
「どのお母さんもこどものお弁当を作るときには笑顔になるものよ」みたいなセリフを言ってたが、
果たして自分は毎朝笑顔で作っているだろうか・・・と妙に反省したりして。

我が家の「たか」と「とび」は、わたしのお弁当を大人になったときに、思い出してくれるのかなあ
なんて思いつつ、マンネリおかずを改善せねば!と心に誓うのでありました。



nice!(3)  コメント(3) 

「てっぱん」にハマる【その1】 [ドラマ]

体力や気力の衰えのせいか、ここ何年も連続ドラマってものから遠ざかっている。
オットや友人たちのお勧めドラマは、DVDでまとめ録画して、
お休みのときにゆっくり観ることはあるが、基本的には自分主流で観ることがない。
(そのかわり、CSのFOXチャンネルは観てるけど。だって再放送がいっぱいあるんだもん)

だというのに、いま、毎日のNHK朝ドラ「てっぱん」にどっぷりハマってしまった。
image2.jpg
image.jpg

「ゲゲゲ・・・」から久々見始めた朝の連ドラ。
(正確にいうと、昼の再放送をみてるから昼の連ドラだけど)
「ゲゲゲ・・・」も確かに面白かったが、次に始まった「てっぱん」のほうが
わたし的にはずっと面白い。

簡単にあらすじをまとめると、尾道育ちの女の子が、高校を卒業して、
仕事のために大阪に出てくるが、いろいろあってお好み焼きやさんになるという話。



これが、まあ泣けるのだ。


わたしは昼に実家で昼食を食べながらみているのだが、
実家の母に泣いてるのを知られたくないので、鼻や目を真っ赤にしながら、
涙がこぼれるのをぐっとこらえるのが大変だ。

主人公の「村上あかり」は、出生に秘密があるが、それでぐれちゃうこともなく
(昔の大映ドラマだったら絶対ぐれてたと思う)けなげに前向きに頑張っている。

困難に立ち向かってる姿をみると、心から「ガンバレ~!」と応援したくなるのだ。

「あかりちゃん」の育ての両親を、遠藤憲一と安田成美が演じている。
最初はこの二人って合うのかな?と疑問に思ったりもしたが、
今では本物の夫婦でもおかしくないと思ってしまうくらい。

娘の「あかりちゃん」に、あまあま~なお父さんと、
いっつもニコニコしているが肝心なときに厳しい母さんは
「ああ、わたしたちもこういう夫婦(もしくは親)になりたい!」と思わずにはいられない。



しかし、ちょっと前までは、ドラマっていうと主人公に自分のことを
オーバーラップさせてたりしたものだが、このドラマでは完全に親の目線でみてしまう。

「あかりちゃん」には二人の兄がいるのだが、それぞれに悩みや葛藤を持っていたりして、
それを見ていると、ついつい我が家の「たか」や「とび」に当てはめてしまうし。

また、遠藤憲一の悪友を尾美としのりと柳沢慎吾が演じているが、
その3人のやりとりが絶妙だ。
お父さんが素直にこどもと接することができないと、いつも二人が上手にフォローしてくれる。
(この二人はしょっちゅう村上家にいて、特に尾美としのりは独身のお坊さん役なのだが、
いっつも村上家で当たり前のようにごはんを食べてる)

先日は次男「鉄平」が仕事のことで悩んでいると、柳沢慎吾が励ましてくれるのだが、
またしても大泣きしてしまった。
親から言われると素直になれなくても、知り合いのおじさんたちに言われれば、
すうっと心にしみこんだりするんだなあって、実感したり。
(我が家でもそういうことがあるので)

実はオットもすっかりハマっている。
土曜日BSで1週間の放送分を一挙に再放送するのだが、
毎週かかさず録画してみているくらい。
まあ、オットは主人公の「あかりちゃん」役の瀧本美織ちゃんにハマってるらしいが。

劇中の音楽も、涙をこらえられなくする要因でもある。
追いうちをかけるように、気持ちを揺さぶるのだ。

オープニングのテーマソングは、葉加瀬太郎作で「ひまわり」。
これに合わせての「てっぱんダンス」も、すっかり踊れるようになってしまった。
これは「サラリーマンNeo」の中の「サラリーマン体操」を考えてる
ダンスカンパニー「コンドルズ」主宰の近藤良平さんが作り出したもので、
お好み焼きをテーマにしたユニークなダンス。


またナレーターは、中村玉緒さん。
あのキャラクターのままナレーションをするのだが、それが味があって妙におかしい。
クリスマスの日は、「メリ~クリスマスぅぅ」で、新年は「あ、はっぴぃにゅぅぅいやぁぁぁ」
なんてオープニングで言うから、思わず吹き出してしまった。



それからそれから、ドラマの中で出てくるお料理がこれまた素晴らしいのだが、
長くなったので、それはまた次の記事ってことで。
コメント(2) 
ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。