So-net無料ブログ作成

沖縄旅行⑤ 美ら海水族館を満喫!! [旅]

古宇利島を後にし、今来た道を戻り、いよいよ今帰仁村へ入った。

s-DSC01981.jpg

今回の旅行は、日程が贅沢に取れたので、ついついあそこもここも見たい!

と欲が出てしまったため、走行距離は結構なモノになってしまった。

日頃、オットは車のハンドルを握った途端、眠くなるほうなので、

仕事でも車は乗るのだが、遠方まではあまりせず、新潟市内をチマチマ周るくらい。

だというのに、今回はよく運転させてしまった。

思い出す風景は、車の助手席からのモノが多いし、CDを多く持ってこなかったので

同じ曲を何度も何度も聞くことになったくらいだ。ごめんね。オット。

 

今帰仁村をぐるんと走り、いよいよ本部、美ら海水族館へ到着!

駐車場が半端なく広いのだ!

よくわからず、中央ゲート近くの駐車場に停めたら、水族館は結構遠かった。。。

でも、海洋博公園も結構なスケールなのだった!

 

s-DSC01813.jpg

この噴水は、水がイルカみたいな動きをするのだ。(説明が下手で伝わらなくてゴメン!)

そして真ん中後方に小さく見える、とんがり島は伊江島。

s-DSC01833.jpg

 

公園を散策して、暑くてダウンしそうなので、水族館へ向かうことに。。。

s-DSC01839.jpg

 

 

 

さあ!いよいよ圧巻の「ジンベイザメ」と「マンタ」のいる、黒潮の海へ!

s-DSC01844.jpg

s-DSC01845.jpg

s-DSC01857.jpg

s-DSC01846.jpg

あまりにもダイナミックで、しばらくその場所に立ちすくんでしまった。

s-DSC01860.jpg

ちりちりの頭にはご容赦ください。ジンベイザメの迫力に笑うしかないのだ。

s-DSC01907.jpg

 

 

茫然としている間に、あんなに暑かったことも忘れてしまったので、

外に出て、ジュゴンに会いに行くことに。

s-DSC01869.jpg

ジュゴンたちは、最初、相撲を取っているような感じだったのだが、

わたしたちが水槽の前に立つと、「ん!? なんかヘンなのが来たぞ!」って感じで

近寄ってきた。

しばらく見つめあう、ジュゴンとわたしたち。。。

・・・その後は、飽きたのか、また相撲を始めてしまった。

 

そしていよいよ、フジに会いに、イルカラグーンへ。

ちょうどその頃、「オキちゃん劇場」でイルカショーが行われていたので、

イルカラグーンには、人が誰もいなかった。

s-DSC01878.jpg

s-DSC01870.jpg

 

イルカラグーンを回り込んだところに、水槽の中が覗ける窓がある。

わたしが窓の前に立つと、好奇心旺盛なイルカがやってきた!

s-DSC01886.jpg 

オキちゃん劇場の名前の由来になった「オキ」だ。 こんにちは!オキ♪

 

s-DSC01885.jpg

すると、今度はフジも近寄ってきてくれた! フジ!こんにちは!

s-DSC01882.jpg

しばらく見つめあっていたのだが、小さい子供連れの親子がやってきたので、交代。

でも、いっぱい挨拶できたから、大満足だったのだ。

 

それにしても日差しが強くて、水族館の中に逃げ込んだわたしたち。

s-DSC01906.jpg 水槽前のカフェで、またしてもオリオンビールを堪能!

ジンベイザメが泳ぐ姿に癒されまくりでした。

 

水族館を満喫したので、近くのホテル、マハイナウェルネスリゾートオキナワにチェックイン。

残念ながら、このホテルは、4泊の中で一番評価が低かった。

考えてみれば、金曜日に追加料金なしで泊まることができるから、仕方がない。

ツインを希望したのだが、なぜかベッドが3つあった。不思議なのだ~。

 

そしてこの日の夕食は、ホテルから歩いて5分くらいの、「せんだん」というお店。

実はなかなか店の場所がわからず、オットと喧嘩(また?)しながらようやくたどり着いたのだ。

食事は別な記事でアップするが、伊江島牛、美味しかったぁ。赤ワインも!

s-DSC01794.jpg

 

美ら海で、思いっきり首周辺を日焼けしてしまった、3日目もこうして終わった。。。


nice!(11)  コメント(4) 

沖縄旅行④ 一路北上!辺戸岬へ。古宇利島からいよいよ美ら海へ!! [旅]

沖縄旅行で2日目のバイキング。

相変わらず健康体(ホントかあ!?)の夫婦。

たらふくバイキングで朝ごはんをいただき、その後ホテルのPCでブログアップ。

s-DVC00182.jpg 仕事中より真剣!?

s-DVC00183.jpg 

↑↑ 悪いトコを見られたわけではないのだが・・・。

今日は辺戸岬まで行かなくてはならないので、準備を整えてホテルを後に。

 

辺戸岬までは、オクマからゆっくり走って1時間くらい。

ホテルの入り口のコンビニには、「沖縄最北端のファミマです!」と看板があった。

 

この旅行では沖縄本土最南端の岬には、残念ながら行くことができなかった。

でも、どうしても、180度見渡す限り海!っていう状況を味わいたかったのだ。

s-DSC01723.jpg なんと!「辺戸岬」の辺の字がなくなってる!!

                                        これじゃ「戸岬」だよね~。

 

s-DSC01759.jpg 

海も広いが、オットの背中も(おなかも?)・・・いやいや、心も広いのだ!

s-DSC01765.jpg
 

お天気がよかったので、遠くにうっすらと与論島が見えた。

しかし、風が強くて、絶壁近くに寄ると、火曜サスペンスみたいな気分に。。。

ちょっぴり気分がブルーになってきたので、今度は南下。

 

その前に。。。国頭村(くにがみそん)の道の駅・ゆいゆい国頭で一休み。

そこで、かわいいモノ発見!

s-DSC01770.jpg 

ヤンバルクイナらしいが。。。

 

後姿も結構シュ~ル♪

s-DSC01776.jpg ね? かわいいでしょ?

別れがたいが、古宇利大橋&古宇利島へ向かわなくては! バイバイ!!

 

実は、沖縄旅行を決めてすぐに、オットが本屋さんで「るるぶ」を買ってきた。

開いてすぐに、古宇利大橋の写真が一面に載っている。

B5001946a.jpg ← こんな感じ

 

その写真を見て、その青い海と長い橋と、その先にある島に

すっかり、魅せられて(ジュディオングじゃないよ)、絶対に行きたくなった。

残念ながらお天気は曇り気味だったけど、海はエメラルドグリーンだった!

s-DSC01787.jpg

風が強くて、海水浴客が流されそうで心配だったけど。。。

s-DSC01791.jpg

  小さい港もあって、そこにはこんなモノが!

s-DSC01782.jpg 

木の船!!

オットと二人で「今時、木の船ってあるんだね~!」と驚いていたら、

沖縄から帰った日(7/19)の「鉄腕ダッシュ」でTOKIOの山口君が乗っていて

ビックリしたよ~!

 

古宇利島でぜんざいを堪能し、いよいよ目指すは美ら海水族館!

オットよ。嫌いな運転、がんばってね♪

 

 


nice!(10)  コメント(6) 

沖縄旅行③ 万座でシーカヤック、そしてオクマへ [旅]

今回の旅行はJTBのフリーツアー。

往復の飛行機代と、宿泊代(朝食含む)、そしてレンタカーがパックになっている。

 

ありがたいことに、すごく健康なわたしたちは、毎朝おなかがペコペコ。

ホテルの朝食(バイキング)では、燃え尽きるくらいたっぷりと食べるので、

お昼になっても、なかなかおなかが減らないのが、悩みだったくらい。

 

万座のバイキング朝食をたらふく食べながら、相変わらず予定を決めていないわたしたち。

「今日はどうするぅ~?」などといいつつ、頭は全く働いていない。

朝食を終え、ビュッフェを出ると、そこにはPCが3台と、コンシェルジュが2名。

わたしはPCに向かって沖縄旅行に出かけている記事をアップしていた。

手持ち無沙汰なオットには、コンシェルジュにお勧め観光地をリサーチしてくるようにと

ミッションを言い渡したのでありました。

 

もともとカヌー好きなオットは、今回の旅行中の唯一の希望はシーカヤックをやること。

北部のやんばるで川下りかな~なんて思っていたが、コンシェルジュのお勧めもあり

午後から万座ビーチでカヤックツアーを申し込んできた。

 

わたしはカヌー初体験。

我が家にはオットの所有していたカヌーがあるのだが、一度も乗らないうちに

底に大きな穴が開いてしまい、粗大ゴミ状態である。

一抹の不安を抱えながら、チェックアウトの時間まで、万座ビーチを散策に出かけた。

 

実は、万座毛(まんざもう)という観光スポットまで、「歩いても十分大丈夫」と言う

コンシェルジュの話を信じ、出発したものの、ホテル入り口にいたスタッフに

再度確認すると、「歩くには遠くて、時間が結構かかっちゃいます!」

と断言されてしまった。

mfwmapservCA1UUNQX.gif

  ↑ 地図でみても、ホテルから万座毛、結構遠いじゃん! 

 

仕方がないから、ホテル入り口からホテルまでの海岸沿いを、散策することになったのだ。

s-DSC01632.jpg 

入り口からホテルまでは、テクテク歩いて10分くらい

 

それにしても、初めての沖縄の海!

ものすごい透明度に感激してしまった。

新潟にも透明度の高い海はあるのだが、砂浜が白くて、いかにもリゾートビーチなのだ。 

 s-DSC01641.jpg

s-DSC01643.jpg

左に見えるのが万座毛。

 

ちょうど敷地内にあるチャペルで結婚式が行われており、

鐘が鳴って、新郎新婦が記念写真を撮っていたのだ。

s-DSC01652.jpg 

花嫁さん、暑くてお化粧落ちちゃわない!?なんて、心配してみたり

 

ホテルに戻って、荷物を片づけ、チェックアウトを済ませたら、万座ビーチで一休み。

シーカヤックツアーまで2時間近くあるので、オットは今年初泳ぎ。

わたしはコンビニで買ったオリオンビールと戯れた。

s-DVC00158.jpg 

囲ってあるビーチって初めてだけど。。。

そして、いよいよ、シーカヤックの時間。

手続きを済ませ、ライフジャケットも装着。

カヤックからの乗り降りの方法や、パドルの掻き方も教わり、いよいよ漕ぎ出す。

今回ラッキーだったのは、オットとタンデム(二人乗り)だったこと。

一人で沈しちゃったら、絶対にパニックを起こしそうだもん。

canvas11-s.jpg

最初は一生懸命漕いでいたけれど、気付くとわたしが何もせずとも、進んでいる。

オットも「景色を楽しんでていいよ!」と言ってくれるし、すっかりお言葉に甘えちゃった。

s-2009_0622_02.jpg

歩いて行けなかった万座毛へも、海から行くことができ、

上の観光客が手を振ってくれた。気持ちよかったよ~。

すっかり癖になって、タンデム欲しくなってしまった!自然と一体って感じなのだ。

 

 

シーカヤックを楽しんだ後は、ホテルの温泉大浴場で一汗流し、

車で北上、オクマへ向かった。

 

新潟で旅行を申し込んだ際に、ホテルをどこにしようかと悩み、

「コテージってありますか?」とJTBのお姉さんに聞くと

勧められたのが、JALプライベートリゾートオクマ。

今回の旅行で、沖縄本土最北端の辺戸岬へ行ってみたかったわたし。

オクマはその手前で、アクセス的にはちょうどよかった。

到着したのが夕方5時過ぎくらい。

 

 

s-DVC00157.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

s-DSC01680.jpg

残念ながら、ホテルの周辺には食事できるお店らしきものが見当たらなかったので

今日はホテルで夕食をとることにした。

一番希望していたイタリアンは予約でいっぱい。

(何故なら、夕陽が沈むビーチ沿いにあるからなのだ…。)

同じくビーチ沿いのバーベキューレストランは空きがあるとのことだったが、

40代夫婦のわたしたちには、ちょっぴりヘビー過ぎる。

 

仕方がないので、ビーチで夕陽が沈むのを眺めることにした。

s-DSC01702.jpg 

「上手く撮れないなあ・・・」ってオットは言っていたけれど、上手く撮れてんじゃん!

 

s-DSC01713.jpg

ホテルの入り口もライトアップされてる!

 

夕食は簡単なフレンチコースとなったが、あんまり期待はしていなかったが、

ワインでリラックスして美味しくいただけた。

(食事は、別レポートとしますデス。)

 

実は、オクマのホテルに着いてすぐ、オットと喧嘩してしまった。

暑さと、シーカヤックで疲労してしまったわたしが悪かったのだが。。。

これがオットお気に入りの、怒りの仁王立ち写真である。

s-DSC01698.jpg 勘違いも甚だしい。怒ってなんかいないもん!

そんな、こんなで2泊目も終わったのでした。。。

 


nice!(8)  コメント(7) 

沖縄旅行② 首里城から万座へ、そして謎のバーでの夕食 [旅]

沖縄の空港へ到着し、すぐにレンタカー会社のワゴン車に揺られ、レンタカー会社へ。

ワゴン車の中では、レンタカー使用時の保険について簡単に説明があった。

損保の仕事をしているわたしには、何だか休日気分から仕事モードへ戻される感じで

ちょっと「ふうん。」と思ったりして。

 

レンタカーを借りて、「さあ!出発!!」と思いつつも、のんびり夫婦のわたしたちは、

行き先さえ決まっていなかった。

 

1泊目は万座ビーチの「ANA インターコンチネンタル万座」。

那覇から80分とあるので、もう少し寄り道できそう。

 

オットと「るるぶ」を見ながら、じゃあ那覇から近い「首里城」へ行ってみる?ということに。

考えてみれば、今まで遠出といえば空手の遠征ばかりだった。

こどもたちを連れての旅行と、今回のようなオットと二人だけの旅行だと、

明らかにラフな感じだ。だって行きあたりバッタリでも、文句言われないからね。

 

s-DSC01507.jpg

   ↑↑暑~い首里城の入り口でパチリ。

 

ぐるりと一周まわって、堪能して、あんまり暑いものだから、こちらも堪能してみました。

s-DSC01554.jpg 沖縄到着「初オリオンビール」。喉を潤すには最高!

 

ところで!首里城の入り口には、「レンタカー専用駐車場はこちら→」っていう看板がある。

その矢印につられて行くと、狭い駐車場にたどり着くのだ。

s-DSC01564.jpg

(何だかあやしい…。)と思いつつも500円を払う。

そこから首里城までは5分くらいテクテク歩かなくてはならないのだ。

おまけに、首里城へたどり着くと、しっかりと整備された駐車場があるではないか!

 

「???」の気持ちを抑えつつ、首里城から戻ってきたわたしたちは、

先ほどの看板を回収してきたスクーターの人を発見してしまった!

重ねて言うと、後日沖縄観光マップなるものを見ていたら、ナント首里城の駐車場200円

と書いてある!だまされた!!首里城へ行かれる方はぜひご注意を!!

 

ビーチでのサンセットも楽しみのひとつ。

そろそろ万座へ向かおうか、と思ったら、渋滞がすごかった。

暇を持て余し、車の中から景色をパチリ。

s-DSC01578.jpg   s-DSC01585.jpg

あ~あ。もう陽が暮れてしまう。。。

結局、ホテルに到着したときは、陽がすっかり落ちて真っ暗でした。残念。

s-DVC00113.jpg

s-DVC00111.jpg

 

万座のホテルは、結局4泊した中で、一番お気に入りでした。

オクマのコテージもよかったけれど。

オーシャンビューで、到着したときは真っ暗で何も見えなかったけれど、

翌朝の景色はこんな感じでした。

s-DSC01612.jpg 

まだうっすらと明るいくらい。

s-DSC01616.jpg

 徐々に明るくなってきた。

s-DSC01620.jpg 

すっかり陽が昇るとこんな感じ。

 

新潟より陽が昇るのは遅いみたい。

とはいえ、わたしは熟睡していて、この写真を撮ったのは、早起きのオットなのだ。

 

ホテルに到着して、そういえば夕食はドコにする?ってことに。

(本当に行きあたりバッタリなのだ)

フロントの女性に進められた、ホテルを出てすぐの58号線沿いにある居酒屋に行ってみる。

入り口のメニュー看板を見ると、「島ぶたのせいろ蒸し」がメインのよう。

どちらかというと、いろんなメニューがあるのが理想なのだ。

決められず、辺りを見回すと、ちょうど道路を挟んで向かい側のコンビニの裏に

怪しげな看板を発見!

 

いろいろなメニューが書いてある。しかも安い!

恐る恐る、お店に近寄ってみる。

これがまた、本当に怪しげな店なのだ。

薄暗い階段(しかもドクロマークだらけ!)を降りると、広い空き地があって、

その奥にこれまた怪しげな入り口があるのだ。

残念ながら暗くて写真がうまく撮れなかったので、翌日コンビニの横にあった

看板を写真に収めてきた。 それがコレ↓↓

s-DSC01663.jpg MIX BAR PEACE。

いかにも怪しげでしょう?

でも、結果的には「アタリ」でした。もずくの天ぷら以外は。

食事は最後に食事の記事をまとめてアップするつもり。

沖縄料理は「期待しないほうがいいよ!」とオットに言われていたが、

どれもこれも美味しかった!2キロ体重が増えちゃったくらい。。。

 

そうこうして、1泊目の夜が終わったのでした。

 

 

 

 


nice!(11)  コメント(6) 

沖縄旅行① 新潟出発! [旅]

旅行から帰ってきて1週間が過ぎた。

のんびりと、たまった洗濯やら、いなかった間に見事に汚された部屋の片づけをしつつ

ブログでもアップしようかと思っていたが、まったく読みが甘かった。

 

会社では休み前に、「15日~17日までお休みですので、休み明けに…。」

といろんな人に言ってたら、本当に休み明けにいろんな人から連絡、もしくは来店があり、

ようやく週末まで持ちこたえた感じ。

 

その間に、オットは「沖縄旅行の記事は任せたからね~!」とお気楽ムード。

おまけに必要そうな写真を添付までしてくれちゃっていた。

(だったら、自分が記事をアップすればいいんじゃない!?)

 

というわけで、ようやく腰を据えて沖縄旅行について記事をアップできるというわけ。

 

新潟空港からは沖縄へ直行便が一日、一便出ている。

今回の旅行を企画する際に、3泊4日にするか、4泊5日にするか、かなり迷ったのだが、

宿泊したかったお目当てのホテルは、当たり前だが週末よりも平日が安い。

それに、こどもたちが夏休みに突入する直前だから、なお安いのだ。

そうなると、どんどん希望が膨らんで、結局思い切って4泊を選択してしまった。 

わたし事だが、今の会社に勤めてマル5年が過ぎた。

その間、病気も含めて、連休を取ったのは、今回が初めてだった。

良い機会だから、ちょっとワガママを言わせてもらってもよいかな?と思ったりして。

 

ところで、我が家から新潟空港までは、車で10分くらい。

というわけで、11時55分発の飛行機だから、11時出発でもいいんじゃないか…と思っていたが

A型のオットは「遅くても10時半までには出発しよう。」とのたまう。

でもさ、帰ってきたときに、部屋が汚れてたりするのは嫌だし。

長男(たか)と次男(とび)を残して行く手前、洗濯物は最後まで片づけたいし。

と、朝5時から、バタバタと汗だくで動きまわっていたため、最終的には10時45分くらいにようやく出発できた。

 IMGP2544.JPG 

 

飛行機もかなり空いていて、景色を楽しんだり、写真を撮ったり。

 

 

で、ようやく到着! 空港には「めんそ~れ!」の看板が!! 

 

s-DSC01552.jpg

 

楽しい5日間の沖縄旅行の始まり、始まり~。


nice!(9)  コメント(4) 

もう3日目 [旅]

沖縄に来てもう3日目。

行きの飛行機の中で「あっ!という間に、4日間なんて経っちゃうんだろうな・・・。」と

オットに言ったら、「まだ着いてもいないのに!」と呆れられたが、

やっぱりあっという間に3日目なのだ。

 

重い思いをして持ってきたPCは、環境が悪くて使用できず、

結局、宿泊しているホテルのPCをお借りしてアップ中。

というわけで、写真などは新潟へ帰ってからオットがアップするでしょう。

 

那覇に到着して、首里城へ行き、その後渋滞する58号線を突っ切って

万座ビーチへ。万座で1泊し、翌日シーカヤックを楽しんでから、

一路北上し、オクマへ。

今日は最北端の辺戸岬まで行ってみるつもり。

 

運転が大嫌い(?)なオットは、新潟にいるときよりもいっぱいハンドルを握っている。

わたしは助手席で悠々自適のはずなのだが、オットの瞼が閉じないように監視しなくちゃ。

(実際、昨日も長~い瞬きになっていて、思いっきり焦ったのだ)

 

辺戸岬から戻ったら、今日は美ら海水族館の周辺でお泊り。

どこへいこうか、思案中です。

 

またホテルのPCを借りられたら、続きをアップできるかも!

 

では行ってきま~す♪


nice!(8)  コメント(10) 

めんそ~れ! [旅]

なかなか取れなかった有給休暇。

思い切って3日も取って、現在わたしは沖縄にいます。

 

実はオットの会社から勤続〇年記念で、旅行券をもらっちゃいました。

(とはいっても、昨年のコトなんですが・・・)

そろそろ1年が経過しようとしていた頃、オットが慌てて

「あの旅行券、1年以内に使わないと、税金がかかるんだって!!」と言ってきた。

 

そんなこんなで、夏休み前の長男たかと次男とびを、お母さんにお願いして

オットと二人で沖縄にやってきたんです。

 

行き先はドコでもよかったのですが、海外だと新型インフルエンザが心配だし、

わたしが、顔面神経麻痺を患ったコトもあり、一生懸命観光しなくてもよい場所、

つまりは、思いっきりボオ~っとできる場所 → 沖縄になったというわけ。

 

15日(水)から19日(日)までの4泊5日。

ちょっと贅沢(時間的って意味!)な旅行です。

 

オリオンビールと泡盛、いっぱい飲むぞ~!!

 

って、今ホテルのPCから臨時でアップしてるトコ。

オットがホテルのコンシェルジェに、これからの予定を相談しています。

多分、万座ビーチ周辺で、シーカヤックツアーを申し込んでるみたい。

 

あれ!? 何にもしないでボオ~っとするんじゃなかったっけ?

 

まあ、とりあえず、ツアコン(オット)についていこうっと。

できれば、途中でも記事アップするつもりです。


nice!(6)  コメント(6) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。