So-net無料ブログ作成
検索選択
食べ物 ブログトップ

お祝い会 [食べ物]

会社の同僚が、3月15日にめでたく結婚することになった。

 

40歳を過ぎてから、結婚式に呼ばれることはトンとなくなり、「おくりびと」の機会が増えた。

というわけで、喪服の用意は万全だが、結婚式って何を着て行けばよいのか

さっぱりわからない。

 

ネットで「結婚式、お呼ばれ、服」などと検索してみるが、

「え~!? こんなの着て行くの~?」とビックリ!!

たとえば…。

s-320162060-5-2.jpg

 ↑↑↑ わたしには、ピンクレディーの「ウォンテッド」に見えて仕方がないし、

 

s-321019010-001-38.jpgネグリジェじゃないの?

 

 

オットには「20代の若い子じゃないんだからさ~」と呆れられた。

 

いずれにしても、問題は露出度なのだ!

お呼ばれ服を見ると、二の腕を出したり、スカート丈も短い!

わたしのコンプレックス部分(そうじゃない部分ってドコ?)ばかりだ。

とりあえず、式まではあと2週間。

せめて、部分エクササイズしなくちゃ、間に合わない。

 

ところで、今晩はその幸せな二人を祝う会を開くことになった。

美味しい食事とワイン、そして幸せな二人…。

仕方がないが(?)、部分エクササイズは、明日からってことで。。。

 

 

 

 


nice!(13)  コメント(10) 

晩酌は白ワイン [食べ物]

ウィークデーは基本的にはお酒を飲まない。(ただし飲み会を除く)

オットは「飲み会がいっぱいあるんだから、ほとんど飲んでんじゃない?」

と小憎らしいことを言うが、独身時代を考えれば比較にならないくらいだ。

当時どのくらい飲み代に使ったのかを考えると怖くなるほど。

 

というわけで、金曜日の夜は「宅飲み」解禁♪なのだ。

昨日は、会社の同僚から「ワインが好きなら…。」といただいた白ワインを。

 

最近は赤ワインよりもっぱら白ワインを好んでいる。

あっちぇ~!夏は、赤ワインを飲む気がしなくなるが、キリリと冷えた白ワインは本当に美味しい。

その美味しさが忘れられず、秋がきた今でも、ついつい白ワインを選んでしまうのだ。

昨日のワインはコレ ↓  

新潟市の越前浜にできたワイナリー、フェルミエの2007年のバッカス。

さっぱりとしながら、しっかりと葡萄の味がする逸品。

IMG_0857-bacchus%20freerun.jpg

フェルミエのオーナーは、金融マンから脱サラしてワイナリーを開いたという経歴の持ち主。

 HPはコチラ → http://fermier.jp/

ピッツェリアもあるみたい。行ってみたいなあ…。

 

と、フェルミエのHPを覗いていたら、なんと友達のアロマ講座がそこで行われていた!

彼女は新潟の局アナからアロマテラピストに。

HPはコチラ → http://www.aromareine.com/index.html

アロマテラピストって香りに強い鼻を持っていればいいのかと勘違いしていました。

実は精油を調合するために、化学に強くなければイカンのだ。

おうちにお邪魔したら、ワケのワカラン公式が書かれた付箋が勉強机にたくさん貼ってあった!

残念ながらまだ彼女のアロマトリートメントを受けたことがないが、今度ぜひお願いしてみよう。

 

ワインの話とそれてしまったけれど、今朝オットと美味しいパンを買いに行ったので(きっとオットのブログでUPするよ~)今晩はそれをつまみながら、またワインを飲もうかな。

チーズとオリーブとワイン、買ってこなくっちゃ♪

 


nice!(7)  コメント(12) 

寿司を食らう [食べ物]

実家の母が今月の5日に、72歳の誕生日を迎える。

実家はわたしの職場のすぐそばにある。                                                       というわけで、月から金まで毎日お昼をごちそうになっていることもあり、お祝いしてあげることに。                         モノがいいか?と聞くと、「いらない」と言うので、                                                           じゃあ、美味しいものでも食べに行こうかということになった。

実家の近所に行きつけの鮨屋さんがあったのだが、今年の春に閉店。                                        そこは、母の幼馴染がやっていたので、遠慮も何もいらない店だった。                                           カウンターに座ると、何も言わないのに、好きなものが出てくる。                                             母は「ひかりもの」が得意ではないので、それ以外の生寿司やイカやタコなどの魚介類。                                わたしにはお酒のつまみにお刺身を少し。

ちょうどいい頃合いになると、母には海苔巻。わたしにはお寿司が出てくる。                                           値段はちょっとお高いけど、とても美味しかったのだ。

残念なことに閉店してしまったので、最近はめっきりお寿司を食べる機会が減ってしまった。                            で、誕生日だし、久し振りにお寿司でも食べますかとなったのだ。

今回は信濃川のそばにある「寿司S」に。                                                           まずはビールに、枝豆、そしてお刺身と、えびしんじょう、のどぐろの焼き物。                                                 母は生1人前、わたしは中トロ鉄火巻き。こはだとかにの握り。

確かに美味しかったと思う。でもやっぱり慣れ親しんだお寿司とは違うのだ。

お刺身は2人前を頼んだが、かなりの量で、それだけで結構おなかいっぱい。                                 握りはなんと1貫ずつだった!(当たり前に2貫ずつ出てくると思っていたのだ)

今までが贅沢だったのはワカル。カウンターじゃなかったのも敗因だったのかも。                                    シャリも、海苔も、行きつけだった鮨屋とは、違う感じがした。

もしかしたら、大多数がこの店のほうが美味しいと言うのかもしれないのだが、                                     母とわたしの慣れ親しんだ味ではなかった。

二人して、物足りなさを感じつつ、次回はリベンジで「M寿司」に挑戦することに。                                     もちろん次回は母のおごりだ。


nice!(4)  コメント(8) 
食べ物 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。