So-net無料ブログ作成
検索選択
健康ネタ ブログトップ

忘れかけたころに後遺症 [健康ネタ]

あれは3年前…ってちあきなおみの歌の文句ではないけれど、3年前に患った顔面神経麻痺の後遺症が現れた。

10日ばかり前、会社の近所で前職の同僚が「飲んでるよ~♪ 来ない?」などとメールをよこしたものだから、突然ではあったが、ついつい飲んでしまった。
途中、トイレの鏡をみたら、右目の下がピクピクと痙攣を起こしていた。
PCを使う仕事だから、(きっと目が疲れたんだな~)くらいに思っていたのだが、さすがに1週間続いたので、こりゃあ何か変!と思い、神経内科へ。

先生はわたしの顔とカルテをみて、「2年前(正確には3年前だけど)の顔面麻痺の後遺症ですね!」と簡単に言った。「こんなに経ってから後遺症状がでるのも珍しいけどね!」とも。
「とりあえず、薬を1週間飲んで様子を見てください。多分治りますよ!」だって。

まあ、心配いらないよ~って感じだったので、ホッと安心。
またしてもあの!そう!あの!顔面麻痺再発なのでは!?と怖々受診したんだから。

とはいえ、まだ症状はでっぱなし。
週末は宅飲みを楽しみにしているから、薬(精神安定剤なのだ)は飲めない。というか飲まない。
そのせいなのかもしれないのだが。
確かに、お酒を飲み始めると、ピクピクがものすご~く激しい(気がする)。
なんだか、目の下に小さなエイリアンが住んでて、ポンっ!と生まれだしそうな勢いなのだ。

だったら、おとなしくお酒を控えて、薬を飲んでいればいいのに…とオットには呆れられておりますが。

しかし、後遺症状ってさあ、3年ぶりに?
本当かなあ。
本当はやっぱりエイリアン住んでるんじゃない?

さむい冬に [健康ネタ]

さむい冬に、冷えないようにと、実家の母が編んでくれたレッグウォーマー

もう、ずいぶんと履きこんで、ヨレっとなってる。
048.jpg






今夜も、本当にさむいから、模様違いのを、すこすこと装着。

057.jpg





そういえば、会社の同僚が、「くび」と名前がついているからだの部分を
(首、手首、足首)、しっかりと暖めると、さむさが和らぐらしいよ、と言っていた。



「くび」を暖めてはみたけれど、今度は、鼻のアタマが、氷みたいに、つめたいよ。
コメント(4) 

歩く!歩く! [健康ネタ]

今朝、オットの健康診断の結果をみて、ビックリ!
肝臓機能の数値が異常にワルイのだ。

オットは10年以上前、薬の副作用で肝機能障害になって入院したことがある。
日頃まったくお酒を飲まないのに、ガンガン飲む私よりも肝臓が弱っているらしい。
これは、ちょっとかわいそうである。
ただ、本人いわく、入院生活は栄養と休息を十分に取るべし!だったらしく、
いわゆる「食っちゃ寝」の快適状態だったらしいが。

肝臓については、今後の対策はかかりつけのお医者さんに任せることにして、
問題はおなかが「崖っぷちのポニョ腹」になってきたこと!
(確かにボリューム満点ランチを平らげてるだけ、ありますよ)
本人も鏡をみて「ヤバイ!」と感じたのか、ずっと行ってなかったスポーツジムへも通い始めた。
それだけでは足りないので、「脱!ぽにょ腹!」と、昨日から二人でウォーキングすることに。

まあ、これじゃあまるで、オットのせいだけみたいだが、わたしも増量中の体重
減らさなくてはならない!
PETTYさんに、ブーツ姿を褒めてもらわなくてはならないのだ!

実は、今年の春頃には3か月ほど、少なくとも週3日は二人で歩いていたのだ。
が。だんだん暑くなったら、意思の弱い私達は、いつのまにか止めてしまった。

これではいけないのだ!「これでいいのだ!」ではないのだ!

と、いうことで、昨日の夜から、テクテクテクテク。

わたしたちのお決まりコースは、家の近くにある「みなとトンネル」。
このトンネルは、新潟市を流れる信濃川のちょうど真下にある。
だから、冬は暖かく、夏は涼しい。そして天候に左右されることなく、歩くことができる。

家を出発~トンネルを往復~家に戻る というコースで、ちょうど4キロくらい。
時間にして、ちょうど1時間。
体力的にも時間的にも、わたしたちには「ちょうどいい」(← ショーン・レノン風)

また、意外なことに、歩きながらではあるのだが、会話が弾むのだ。
わたしたち夫婦は、お互いに仕事を持っているので、なかなかゆっくりした時間は取れない。
それに、こどもたちについての悩みなんかも、話し合うことも難しい。
今までは、朝出勤する時の車中での会話がせいぜいだった。(とはいっても、15分くらいだったが)

本当にどーでもいいようなことから、緊急に決めなくてはならないことまで。
いろんなことを、ぺらぺらと。
1時間という、言ってみれば充実した時間が手に入ったような気がする。

とはいっても、まだウォーキング再開からたったの1日。
今日はオットは空手に、わたしは残業で歩けなかった。。。
せめて3日坊主が目標なんて、あまりにハードル低すぎかなあ。」




nice!(2)  コメント(7) 

やっちゃったあ! [健康ネタ]

毎週木曜の8時からは、空手シニアクラスの練習日。
最近仕事が忙しくて、なかなか通えなかったが、昨日はちょっとだけ早く帰ることが出来た。
さあ!空手着に着替えなくては、と動き出したその時。
やっちゃったあ。腰に走る激痛!
「イタタタタタタタ!」と腰に手をあて、動けなくなる。

そうそう。これは、まさしくギックリ腰。

そもそも、初めてギックリ腰になったのは20代。
その日は、友人とテニスをしていた。
何だかいつになく、サーブが調子よかったのだ。
いつもだと、ネットに引っ掛かるのに、コーナーギリギリに決まったり。。。
「スゴイじゃん。わたし。」と心の中でほくそ笑む。

しかし後半になって、背中に「ピシッ!」と亀裂が入るような痛みが。
ギックリ腰なんて想像だにしないので、筋肉痛?なんて思いつつプレーを続けた。
そして、翌朝。
いつもの時間にめざまし時計が鳴っているのに、止められない。
そう、もう寝返りさえも打てない状況だった。

それからは「ヘビ女」のように、家じゅうをホフクゼンシン。
家族は、気持ちわる~っていうけど、半端じゃない痛さなんだって!
トイレに行くにも、立ち上がるにも、かなりの気合が必要。
やっぱ、腰はカナメですよね。。。

それからは何年かおきに、ギックリはやってくる。
特に空手を習い始めてからは、準備運動をきちんとしないとコワイ。

いつぞやは、キッチンの排水溝を熱中して掃除していたら、
やっとのことでキレイになったので「ヤッタ!」と
起き上ったところで、「ピキッ!」となった。

え?歳のせい?
だから、はじめに言ったように、最初になったのは20代だってば。

でもね、たかもとびも、わたしの姿をみて大笑い!
「救急車呼ぼうかあ?(大爆笑)」ですよ。
なんて、薄情なこどもたちなんだ。。。
まあ、昨日はおこづかい日でしたが、まだ渡していませ~ん!
オットは優しかった!
今朝も早く起きて、朝食を作ってくれました。アリガタヤ。。。

ところで、ギックリ腰になるたび、整形外科やら接骨院やら整体やらへ
通いましたが、一番よくなったのは、ホカロンを貼って温めたこと。
それからは、医者へはいかず、ホッカイロとコルセットで乗り切るようになりました。
絶対に冷シップはイケマセン!
nice!(3)  コメント(10) 

手がイタイ! [健康ネタ]

1週間ほど前から、両手のひらに湿疹が・・・。
世にいう「主婦湿疹」。
イタくて、カユくて、ツライよお!

我慢できずに皮膚科へ行ってきました。
「まあ、何かに負けたんだね」の一言。
何かがいったい何なのかを、知りたいのにい。
あまりに悲惨で写真はアップできません。

薬を塗って、脱脂綿みたいなモノを乗せて、
その上からテーピング。
処置をしてくれたオットは一言。
「なんだか、格闘家みたい…。」
そうなの。まるでボクサーがグローヴをはめる前にする
テーピングみたい。

ところで。。。
「主婦湿疹」って、スゴイねーみんぐですね。
私はあんまり主婦仕事をしていないので、恥ずかしくって
言うのをハバカラレます。

ちょっぴりブルーな今日の気分はスキマスイッチの「ボクノート
久しぶりにおやすみ前に聴いてみようかな。


ボクノート


健康ネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。