So-net無料ブログ作成

「てっぱん」にハマる【その1】 [ドラマ]

体力や気力の衰えのせいか、ここ何年も連続ドラマってものから遠ざかっている。
オットや友人たちのお勧めドラマは、DVDでまとめ録画して、
お休みのときにゆっくり観ることはあるが、基本的には自分主流で観ることがない。
(そのかわり、CSのFOXチャンネルは観てるけど。だって再放送がいっぱいあるんだもん)

だというのに、いま、毎日のNHK朝ドラ「てっぱん」にどっぷりハマってしまった。
image2.jpg
image.jpg

「ゲゲゲ・・・」から久々見始めた朝の連ドラ。
(正確にいうと、昼の再放送をみてるから昼の連ドラだけど)
「ゲゲゲ・・・」も確かに面白かったが、次に始まった「てっぱん」のほうが
わたし的にはずっと面白い。

簡単にあらすじをまとめると、尾道育ちの女の子が、高校を卒業して、
仕事のために大阪に出てくるが、いろいろあってお好み焼きやさんになるという話。



これが、まあ泣けるのだ。


わたしは昼に実家で昼食を食べながらみているのだが、
実家の母に泣いてるのを知られたくないので、鼻や目を真っ赤にしながら、
涙がこぼれるのをぐっとこらえるのが大変だ。

主人公の「村上あかり」は、出生に秘密があるが、それでぐれちゃうこともなく
(昔の大映ドラマだったら絶対ぐれてたと思う)けなげに前向きに頑張っている。

困難に立ち向かってる姿をみると、心から「ガンバレ~!」と応援したくなるのだ。

「あかりちゃん」の育ての両親を、遠藤憲一と安田成美が演じている。
最初はこの二人って合うのかな?と疑問に思ったりもしたが、
今では本物の夫婦でもおかしくないと思ってしまうくらい。

娘の「あかりちゃん」に、あまあま~なお父さんと、
いっつもニコニコしているが肝心なときに厳しい母さんは
「ああ、わたしたちもこういう夫婦(もしくは親)になりたい!」と思わずにはいられない。



しかし、ちょっと前までは、ドラマっていうと主人公に自分のことを
オーバーラップさせてたりしたものだが、このドラマでは完全に親の目線でみてしまう。

「あかりちゃん」には二人の兄がいるのだが、それぞれに悩みや葛藤を持っていたりして、
それを見ていると、ついつい我が家の「たか」や「とび」に当てはめてしまうし。

また、遠藤憲一の悪友を尾美としのりと柳沢慎吾が演じているが、
その3人のやりとりが絶妙だ。
お父さんが素直にこどもと接することができないと、いつも二人が上手にフォローしてくれる。
(この二人はしょっちゅう村上家にいて、特に尾美としのりは独身のお坊さん役なのだが、
いっつも村上家で当たり前のようにごはんを食べてる)

先日は次男「鉄平」が仕事のことで悩んでいると、柳沢慎吾が励ましてくれるのだが、
またしても大泣きしてしまった。
親から言われると素直になれなくても、知り合いのおじさんたちに言われれば、
すうっと心にしみこんだりするんだなあって、実感したり。
(我が家でもそういうことがあるので)

実はオットもすっかりハマっている。
土曜日BSで1週間の放送分を一挙に再放送するのだが、
毎週かかさず録画してみているくらい。
まあ、オットは主人公の「あかりちゃん」役の瀧本美織ちゃんにハマってるらしいが。

劇中の音楽も、涙をこらえられなくする要因でもある。
追いうちをかけるように、気持ちを揺さぶるのだ。

オープニングのテーマソングは、葉加瀬太郎作で「ひまわり」。
これに合わせての「てっぱんダンス」も、すっかり踊れるようになってしまった。
これは「サラリーマンNeo」の中の「サラリーマン体操」を考えてる
ダンスカンパニー「コンドルズ」主宰の近藤良平さんが作り出したもので、
お好み焼きをテーマにしたユニークなダンス。


またナレーターは、中村玉緒さん。
あのキャラクターのままナレーションをするのだが、それが味があって妙におかしい。
クリスマスの日は、「メリ~クリスマスぅぅ」で、新年は「あ、はっぴぃにゅぅぅいやぁぁぁ」
なんてオープニングで言うから、思わず吹き出してしまった。



それからそれから、ドラマの中で出てくるお料理がこれまた素晴らしいのだが、
長くなったので、それはまた次の記事ってことで。
コメント(2) 

しんしん、しんしん、ゆき、ふりつもる [家族ネタ]

もしかしたら、家の扉を開けると、世界が全く消えてなくなっているような。
雪がしんしんと降る夜は、そんな静けさだ。


朝目が覚めて窓から外を見ると、雪がすっぽりと街を覆いつくしていた。

久々、わたしが3回、長男の「たか」が1回、雪かきにチャレンジ。
新雪をかきわけて、何度も何度も、すくっては、集め、すくっては、集め。
けれど、それを嘲笑うかのように、また雪が降り積もる。

風が雪を飛ばして、まるでブリザードのようである。


そして。
夕方になって、御大(オット)が満を持して登場。
1時間以上かけて、念入りに雪かきを始めた。
(何せA型だかんね)
途中、遊びからかえってきた、次男「とび」(そしてA型だかんね)も参加して
カッチカチの雪山完成。

008.jpg

015.jpg

まるで、これは「ぬりかべ~」ではないか。

製作の過程で、頑丈なスコップを1本折ってしまったくらいだ。
御大いわく、マルではなく、シャープな鋭角さを出すのが大変だったそうな。



せっかくなので、穴をくりぬいて、キャンドルを灯す。

012.jpg

このくらい、遊び心がないと、やってらんないのであ~る。



そして、今夜も、しんしん、ゆき、ふりつもる。

明日の朝、窓から外をのぞくのが、本当にコワイ。
何時起床で会社、間に合いますか!?

コメント(6) 

週末の夜に [雑感]

金曜日がいちばん好き。

週休2日のわたしにとって、これから2日間もお休みだということが何よりも幸せ。

ウィークデーの朝は、高校生の息子二人分のお弁当を作らなくちゃだし、
7時半には仕事のため出勤しなくちゃなのである。
おまけに、強烈天然パーマのわたしは、朝風呂派なのだ。
だから、5時台にはどうしても起きなくてはならない。

と、いうわけなので、特別な飲み会以外は、ウィークデーには大好きなお酒もたしなまない。
そして、というわけの二乗で、金曜の夜はお酒解禁デーでもあるのだ。

だから大抵の金曜はお酒で心地よくなって、バタンとベッドで熟睡、
というコースを辿っているのだが、今夜はちょっと違う。
少し強めの経口薬を服用している、ということもあって、なんだかお酒を飲む気がしないのだ。
限りなく下戸に近いオットが、そんなわたしを横目で見ながら、梅酒を飲んでいても、
本当にうらやましい気すらしないから不思議。


そうだ、こんな夜には音楽とコーヒー。

久しぶりに、ラックから取り出したのは、BABYFACEの「UNPLUGGED」
これなら、熟睡しているオットの邪魔にもならないだろうし。


003.jpg


夜はこれからである。









コメント(6) 

過ぎたるは及ばざるが如し [雑感]

昨年の、オットからのクリスマスプレゼントは、「スマートフォン」だった。
docomoのXperia SO-01B。
005.jpg


この「スマートフォン」って、今までの携帯とは全くの別物。
もらってすぐは、電話を取ることすらできなかった・・・。
いわば、ミニPC。バージョンUPも、自分でダウンロードしなくちゃだし。
まあ、使いこなせるようになれば、無敵のツールなのかも。

ただ・・・。
本当に困るのは、通話中のノイズ。
Xperiaが音やらを拾いすぎて、相手にものすごいノイズを送るらしい。
特にオットとの通話がひどくて、クレームの嵐。
そうはいっても、わたしのせいじゃないんだもん!
(docomoショップのお兄さんには、「マイクを指で塞いじゃってください」と真剣に言われた!)
機能が良すぎるがために、電話できない状況って、いったいなに?




ところで、わたくし事だが。

昨日、仕事中突然、左耳が聴こえにくくなった。
まるでプールの中にいるように、ボワンとした感じなのだ。

周りの人たちには、「よくあるよ~。忘れてたころには治ってるけどね。」
なんて言われたのだが、そういうんじゃないような、根拠のない予感があった。
だって、口笛を吹くと、音が勝手にデュエットするんだもん。
すんごい音痴な口笛吹いてる人が、そばにいる感じなんだもん。

で、朝一番に耳鼻科へ行ってみた。
結果、「突発性難聴」だそうな。
キコエのテストでは、中間音が聞こえにくくなっているらしい。
女性に多いのは、低音が聞こえにくくなって、めまいをともなうメニエール。
わたしの場合は、めまいが全くないので、メニエールではないみたい。

明日からしばらく、1回2時間コースのステロイド点滴を受けることに。
早めにガツンと治さないといけないんだそうで、仕事だナンダとは言ってられない状況。

文庫本、何持っていこうかな?
なんて、ちょっとお気楽すぎるだろうか。


コメント(5) 

さむい冬に [健康ネタ]

さむい冬に、冷えないようにと、実家の母が編んでくれたレッグウォーマー。

もう、ずいぶんと履きこんで、ヨレっとなってる。
048.jpg






今夜も、本当にさむいから、模様違いのを、すこすこと装着。

057.jpg





そういえば、会社の同僚が、「くび」と名前がついているからだの部分を
(首、手首、足首)、しっかりと暖めると、さむさが和らぐらしいよ、と言っていた。



「くび」を暖めてはみたけれど、今度は、鼻のアタマが、氷みたいに、つめたいよ。
コメント(4) 

こどもとの距離をはかる [家族ネタ]

ここのところ、長男の「たか」と精神的にぶつかりあっている。

高校2年の男の子って、時々何を考えているのか、まったくわからなくなる。
女子高だったわたしは、同年代の男子と話をする機会なんてなかったわけで。
実際、高校男子と話したのは、恥ずかしながら兄くらいだっただろうか。


けれど、まったく矛盾しているくらい、わかりやすいこともある。
歯がゆくなるくらい、こどもっぽくて、単純で。
女って男に比べると、抜け目なくてずるいのかもしれないな、なんて思ったり。




「友達みたいに何でも相談できる関係」な親子であるわけもなく、
かといって、「会話がまったくない関係」でもなく。

こどもとの理想の距離ってどこだろう、って、はかる毎日。



047.jpg
コメント(4) 

あけました [雑感]

すっかり、ことしも、あけました。
今さらですが、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いもうしあげます。

毎年恒例の怒涛の大晦日を無事乗り切り、正月はゴロゴロ、喰い喰い、飲も飲もとすごしていました。

しらんぷりしようにもできないくらい、おなか周りにしっかりつまめるお肉がついちゃったし。
一年の計は元旦にあるというのに、まったく無計画な年のはじまりです。



とはいえ。
よいことも、わるいことも、いい意味でリセットできるのが、新年の良さ。
(去年の春にもそう言った気もするけれど)

今年こそ!と誓うこともたくさんあるし。
どんな一年になるのか、ワクワクします。(な~んにも始めてないけどね~)

ところで、わたしの友人がほぼ毎日「ひとこと日記」のような、写真つきエッセイのようなブログをアップしている。
今年はわたしも真似っこしてみようかな?
毎日ってのは、きっとというか、確実にムリだから。
せめて、三日坊主のわたしは、企画3回を目標に。

とりあえず、今日は我が家の正月っぽいところをアップ。
クリスマスプレゼントにオットからもらった、スマートフォンがまったく使いこなせず、
ボケボケの写真です。
「デジカメほしいな~」といったら、「スマホあるでしょ!?」としかられちゃいました。


2011-01-06 17.15.31.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。