So-net無料ブログ作成
検索選択

久々に思うトコロあり [雑感]

ずいぶんとブログとはご無沙汰で、お気に入りのブログにちょくちょく遊びに行っても、コメントを残すこともしないでいた。

精神的?それとも年齢的?なのか、ゆっくりと時を楽しむことをせずに、セカセカしていたので、心に余裕がなかったからかもしれない。

 

でも、春なのだ。

 

やり残したコトも、やろうと思っていて取りかからなかったコトも、気持ち的にリセットできる春なのだ。今復活せずにいて、いつ復活するのだ!(相変わらずマイペースなB型である)

 

3月には中3の次男、とびの卒業、高校入試があった。

我が家は年子の兄弟なので、2年連続の受験だった。

終わってみれば、何となく過ぎたようだが、やはり精神的にも金銭的にも2年連続って静かにコタエルって感じだ。

でも、無事二人とも義務教育を終えるところまで、育てる(勝手に育った感じもしなくもないが)ことができたので、感慨深くもある。

 

な~んてちょっと一息ついている間に、長男たか(高1)の部活顧問の先生から電話がかかってきたのが、弟とびの卒業式の日だった。

先生 → 「わたくし、B高校のバレー部顧問の「O」と申しますが、たか君いらっしゃいますか?」

わたし →「はい、お待ちください・・・」

 

夕方5時にめずらしく家にいた、たかに代わる。

たかはコソコソこもりながら子機で話をしていた。 で、しばらくすると。。。

たか→「O先生がかあちゃんに代わってくれって・・・」

ここで、漸くわたしとバトンタッチ。

 

O先生がおっしゃるには、たかが化学の試験で赤点を取り、秋にあった追試を体調不良で

キャンセルしてしまったため、年度末の最後の追試を受けてもらわないとならなくなった。

部活動は追試が終わるまで休んでよいので、わたしからも勉強するように励ましてほしい・・・

ってな内容。

 

実は赤点を取った事実はしばらく知らなかったのだが、秋の追試をキャンセルした時点で、

担任の先生がものすごく焦った風に電話してきたことがあった。

またしてもキャンセルなぞされたらタマラン!と学校側が考えたかどうかは定かではないが、

部活動の先生から改めて電話をもらっちゃうなんて、ただ事ではないのだ。

その後、担任の先生からも電話があり、追試は23日にあるとのこと。

それまではたかは自宅軟禁状態である。。。

 

でもそういえば思い出したのだが、わたしも高校時代あわや赤点!ってところまでいったことがある。

わたしの場合は物理だったが。

こどもたちには言えないが、高校入試が終わって気が抜けちゃったわたしは、

高校生活が始まってから、何かにつけてお休みしてた。

 

NHKのみんなのうたであった「ハメハメハ大王」のこどもたちとそっくり。

「風が吹いたら遅刻して、雨が降ったらお休みで♫」ってな感じ。

 

もちろんその後真面目に通うようになったのだが、物理のいろはが抜けちゃったものだから、

思いっきり落ちこぼれちゃって、先生が何を言っているのかチンプンカンプンだった。

自慢じゃないが、中学時代は結構お勉強ができたほうだったから、

チンプンカンプンって状態が生まれて初めての経験で、そうなると全く興味を持てなくなった。

で、結果赤点の一歩手前。

だから、たかの気持ちも何とな~く理解できる。(でも赤点じゃなかったけどね!エヘン!!)

 

しかし、さすがに毎日部活で思いっきり体を動かしていたというのに、

ここんとこ全く運動をしていないたかのオデコにはニキビがちらほら。

そしてイライラするのか態度も悪い!(ん?コレはいつものことかしら)

 

 

早く追試が終わって、本当の意味でのんびりしたいな~なんて、母は思うのだ。


nice!(7)  コメント(5) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。