So-net無料ブログ作成
検索選択

思いがけない連休 [家族ネタ]

我が家の次男「とび」は流行りモノに敏感である。

今回は何の話かというと、インフルエンザのハナシ。

 

昨日お昼休みを終えてデスクに戻ると、オットから「至急連絡すべし」のメールが。

電話をすると、「とびが具合が悪くなって、ばあちゃん(義母のこと)が病院に連れて行ったら、インフルエンザだって言われたんだって!」とのこと。しかも「新型」。

実は、前日から具合が悪く、昨日学校を休んだのは長男の「たか」のほうだった。

わたしも、マークしていたのは「たか」で、「とび」に関してはノーマークだったし、当の「とび」も、「たか」ばっかり休んでずるいなあって顔をしていたけれど、元気に登校したはずだったのに。

まあ確かに、「とび」の通う中学校では、インフルエンザが猛威を奮っていて、学級閉鎖が何クラスか出始めていたし、インフルエンザは前触れなしに突然発症するものだ。(そして今朝学校から連絡があり、「とび」の学年は学年閉鎖になったらしい)

 

ところで、わたしの勤める会社では同居家族がインフルエンザに罹患した場合、2日は出勤停止となる。しかし、常日頃から、そんな場合に備えて準備できていたら、毎日残業なんかしていない。昨日も、「とび」発症の連絡を受けてから、必死で急ぎの仕事を片付けたが、結局20時近くまでかかってしまった。

 

やっと帰宅後、慌てて「とび」の顔を見に行ったのだが。。。

まず、熱がない! そして、とても元気である。(もちろん病人風に、神妙にはしてはいるが。)「本当にインフルエンザなの!?」と思わず言ってしまうくらい元気なのだ。

いや、しかし、これから発熱するのかもしれないと、夜中にもう一度様子を見に行っても、熱がないうえに、こよなく安らかな顔をして熟睡している。

朝方も、今度こそ(って使い方間違ってる?)体温を計ってみたら「36.5度」。

う~む。早めにリレンザを服用したのが良かったのか。。。

 

また感染しないようにと、別室で寝かせた「たか」も、(「たか」と「とび」はロフトで一緒に寝ているのだ) 昨日1日熟睡したおかげか、すっかり元気。様子を見るのに今日もう1日休みを取ったのだが、登校させれば良かったみたい。

 

ちなみに、オットの会社は、出勤停止なんてことがないらしく、普段通りに仕事に出かけた。

元気な「たか」「とび」の食事を作るわたしは、(元気なので食欲満点なのだ!)、何のために2日も出勤停止になっているのか、わからないくらいだ。

とはいえ、同僚が、「神様がたまには休めって言ってくれてるのかもよ」と言ってくれるくらい、最近は忙しかったので、この思いがけない連休を満喫できればと思っている。

 

・・・・な~んて、そうは言うけど、外出できるわけではないから、暇だよ~!

そして月曜日に出社すると、どれだけ仕事がたまってるか、考えるだけでコワイのである。

 


nice!(7)  コメント(3) 

コーヒーから考えるゆとり生活 [家族ネタ]

会社では仲間と一緒にブルックス取り寄せている。

何の話かというとコーヒーのこと。

以前、会社がのんびりとしていた頃、信じられないが社員の飲むインスタントコーヒーを会社が用意してくれていた。その頃は面倒なのでインスタントを飲んでいたのだが、会社の方針変更(当たり前だ)から、個人で用意するようになった。

営業の人たちはお金を出し合って購入しているようだが、インスタントの酸っぱさみたいなのが、ちょっと苦手なのと、それに参加するときっと買いに行く担当になっちゃうだろうという懸念から(まあ、どちらかというとそれが主だが)ブルックス派に乗っかったのだ。

 

ところで。オットの実家は家を建て直すまでは喫茶店だった。

義母が営んでいたのだが、80歳を間もなく迎えようというのに、やっぱり義母はコーヒーが好きだ。というわけで、以前は食後は必ずコーヒーで締めていた。

わたしの実家は「のんべい」家族なので、コーヒーで締めるより、だらだらと飲んでることが多く、嫁的には「ハイカラ」な家族だ、と思ったものだった。

だから今では食後はコーヒーで締める生活。

 

それにしても、結婚生活が長くなると、オットと好みが何となく似てくるものだが、コーヒーの好みもやはり似ているようだ。

二人とも酸味が苦手で香ばしいかおり(炭火焼きみたいな)が好み。なので、オットはブルックスのさっぱりした味がお気に召さないみたい。

しばらく文句を言わずに飲んでいたのだが、ある日コーヒー豆を買ってきた。

そしてゴリゴリと豆を引き、コーヒーを入れてくれた。

それはやっぱり美味い。

 

とはいえ、主婦のわたしは時間短縮がこのところのテーマ。

お弁当生活は5時起床だし、残業が多いため帰宅は9時過ぎなんてこともザラ。

のんびりと豆を引いて、ゆっくりとお湯を注いで、という余裕がないのが悲しい。

 

そんな状況を知ってか知らずか、今日もオットは豆を引く。

大事そうにゆっくりとお湯を注いでいる。

実は、オット台所に立って、コーヒーを入れている姿を見るのは素敵だなあと思ったりする。

もともと男性が料理を作る姿に弱いってのもあるのだ。

 

残念ながら今日はオットが仕事で午前も午後もお出かけ。

わたしはPCをリビングに持ち込んで、お気に入りの「かもめ食堂」を観ながら仕事中。

結局ブルックスで3杯も飲んでしまった。

 

オットが早く帰ってこないかなあ。

そうこうしていると、これまた大好きなお酒時間になっちゃうし。

そうするとコーヒーの魅力が薄れてしまうのだ。

 

それにしても、ゆとりのある生活って、手間を省かないってコトなのかもしれない。

食事にしても栄養が取れさえすればよいのであれば、宇宙食で十分なのだから。

ひと手間かけると出来上がりが全く異なる。

わかっちゃいるのだ。わかっちゃいるけど、手抜きでゴメン!


nice!(8)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。