So-net無料ブログ作成
検索選択

1Q84 [読書]

沖縄レポが続いたので、ちょっと一休み。

 

沖縄レポを早く仕上げないと、オットにブーブー言われてしまうのだが。

実は、記事を何本か下書きして保管してたら、ここ数日知らない間にアップされていた。

おまけに入れたはずのない写真がごっそり入っているし。。。

だから、自分でレポート仕上げればいいじゃん!と思うのだが

「オレはあくまで修行にいっただけで・・・。」とのたまう。

あのね。ブログってのは日記だからね。

わたしの日記を勝手にアップするのはどうかと思うよ、ね?

 

ということで、沖縄レポはひとまずお休みなのだ。

 

 

 

オットの矢のような催促を受けながらも、沖縄旅行から帰ってきて、

なかなかブログをアップできなかった。

その理由は、戻って早々、仕事が忙しかったからなのもあったのだが、

もうひとつ訳があったのだ。

 

実は、帰りの飛行機に乗るまで、那覇空港で時間が少しあいた。

オットは歩き疲れて、脚の付け根が痛くなり、イスで休んでいた。

 

わたしは、足りないお土産を買いに、空港内の売店をぐるんと周っていたが、

いい加減疲れたので、飛行機の中で読む雑誌を探しに、書店に入った。

 

入った途端、新刊が並ぶ場所に、とうとう見つけてしまった。

 

そう、村上春樹の「1Q84」だ。

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 1

1Q84 BOOK 2

1Q84 BOOK 2

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: ハードカバー

発売早々売り切れというニュースを見て以来、縁があれば手に入る・・・くらいにしか

考えていなかったので、必死に探すこともしなかった。

増刷されて、もうすでに店頭に並んでいたのかもしれなかったが、最近書店に行くことも

なかったので、気付かなかったし、あまりにも話題沸騰だったので、敢えてすぐには

読まなくてもいいのかもしれない、なんて考えていたのだ。

 

でも、お目にかかってしまったら、やはりムクムクと読みたい気持ちがこみ上げてしまい

上下巻とも買ってしまおうかとさえ思ったが、そこは旅先。上巻だけにとどめた。

 

飛行機が離陸するやいなや、本を広げた。

おまけに、出発の飛行機では諦めた、機内でのワインをオットに了解をもらい、

白ワインを飲みながら、読み始めた。

 

いつも、いつも思うのだが、彼の作品は導入部分から、ぐいぐいと引き込まれる。

他の作家の小説を読んでも、この感覚を得ることはなかなかできない。

 

どのくらい、夢中になって読んでたかって、それは、行きの飛行機では

ちょっと揺れると窓の外から見える翼を確認していたわたしが、

帰りの飛行機では、全く少しも揺れを感じることがなかったくらいだ。

(え?ワインのせいじゃないかって?)

 

ただ、今回の沖縄旅行と一緒で、夢中で読み進めると、あっ!という間に

読み終わってしまうのが、悲しくて、寂しくて。

だから、大切に、ひと文字ひと文字、行間も、味わうように読み進めた。

 

小説の内容については、まだ読んでいらっしゃらない方のために、

ここでは明かさない。

 

ただ一つ言えるのは、この作品も、これまでの作品と同様に、

おそらく何度も何度も繰り返し読んでしまうだろうということ。

そして新作を読み終えたばかりだというのに、次回作を切望してしまうのだ。

待ちきれないくらい、激しく。

 

 

余談ですが。

飛行機の中では、小さな白ワインの瓶を2本いただきました。

フライトアテンダントから、

「大丈夫ですか? お水お持ちしましょうか?」と聞かれ、

まじめに「いえ。もう1本、白ワインをください。」と答えそうになったが、

オットにきつく止められてしまった。残念。。。。


nice!(14)  コメント(6) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。